ペットと泊まれる【エンゼルフォレスト那須白河】に行ってきました!

2020年、2021年は新型コロナウイルスの感染拡大の影響で行動規制がかかり、旅行も行けずご近所で縮こまっていたけど、今年の2022年は何も行動規制がかからず、ついに好きなところに旅行に行ける日がきました。

振り返れば、2020年はGO TOトラベルで旅行のチャンスが来たものの、未知のウイルスにおびえて旅行に行かなかった人も多いはず。

しげ雄
しかもGO TOトラベルは半年ほどで急に終わっちゃったよね。

今年は何処に行くかと悩んだものの、ペットと一緒に旅行に行ける場所はかなり限られているという現実。そうはいってもペットは大切な家族の一員なので、一緒に旅行して、沢山の思い出を作りたいもの。

 

そこで見つけた「愛犬と一緒に泊まれるコテージリゾート」エンゼルフォレスト那須白河!

 

リゾートコテージ

お洒落な部屋

ふかふかベッド

エンゼルフォレスト那須白河
住所:福島県岩瀬郡天栄村大字羽鳥高戸屋39
電話:0248-85-2525

エンゼルフォレスト那須白河とは

エンゼルフォレスト那須白河を知らない人も多いかと思いますが、それもそのはず、エンゼルフォレスト那須白河は2017年9月1日に羽鳥湖高原レジーナの森が名称変更したリゾートなので、旧名なら聞いたことがある人も多いかも?

エンゼルフォレスト那須白河は、ただのペットと一緒に泊まれる宿ではなく、200万㎡の広大な敷地にコテージだけでなく、釣り、カヌー、テニス、レンタサイクルといったアクティビティも充実していて、一日中リゾートを満喫することが出来ます。

いぬ君
ペットと一緒でも満喫できる?

もちろん「愛犬と一緒に泊まれるコテージリゾート」と言うだけあって、愛犬も満足できるような施設が沢山あって、カヌーは愛犬も一緒に乗れるし、湖畔のドッグラン、ノーリードで一緒に歩ける全長200mのドッグウォーク、ワンちゃん専用の温泉だってあります。

いぬ君
200万㎡ってすごい敷地だね。
しげ雄
東京ドームで数えると約42個分だよ。
湖畔を散歩

エンゼルフォレスト那須白河の所在地

エンゼルフォレスト那須白河の所在地は福島県なので、都心から行くには「ちょっと遠いかなぁ」と思ってしまうかもしまいませんが、福島でも栃木寄りの那須白河にあります。

那須と言えば栃木県の那須高原が有名ですよね。その那須高原の少し北に行くだけなので、栃木県の日光に行くのとそれほど時間は変わりません。道が空いていれば、横浜からは車で3時間程になります。

横浜から都心を抜けて東北道自動車へ、途中「羽生PA」で『ずんだシェイク』を満喫。その後「白河IC」を下りて信号の少ない田舎道を30分。朝一で出発すればお昼前には到着します。安全運転でサービスエリアに寄りまくりの、のんびり運転でも昼過ぎには到着する距離です。

エンゼルフォレスト那須白河のオススメ宿泊プラン

夏季にエンゼルフォレスト那須白河に行くなら、プレミアムバーベキュープラン(夏季限定)がオススメ。サラダ・肉料理・魚料理・デザートが圧巻の量で出てきます。

BBQプラン

≪お品書き≫
・白身魚のカルパッチョ
・バーニャカウダ
・福島県産牛サーロイン
・福島県産牛もも肉
・会津地鶏もも肉の香草焼き
・骨付きソーセージ
・ロブスター
・鮎
・野菜のプロシェット(串料理)
・ガーリックライス
・デザート

バーベキューは泊まるコテージのテラスでの食事になっていて、指定した時間に食材をコテージまで持ってきてくれます。大変だと思われる火起こしも、器具が揃っているので素人でも簡単に火起こしが出来て、お手軽にバーベキューを堪能できます。

いぬ君
コテージで食事が出来るのは良いよね。
しげ雄
レストランのバイキングだと、我が子はレストランで他の犬に吠えてしまうので、食事も個別なのはありがたいです。

朝食は持ち帰りも出来るバイキング

朝食付きプランにしたら、チェックイン時にコテージで食べるサンドイッチか、レストランで食べるバイキングが選べます。他のワンちゃんと喧嘩しないようにコテージでサンドイッチも良いが、せっかく旅行にきたのなら、好きな物を選んで食べるバイキングは捨てがたいもの。

勇気を振り絞ってバイキングを選択して、いざレストランへ。「どこのテーブルもワンちゃんだらけ、躾の出来ていない我が子をつれて大人しく食事ができるかしら?」

そんな心配は無用。エンゼルフォレスト那須白河のバイキングは、コテージにお持ち帰りができます。レストランの入り口で「食事をしていくか?持って帰るか?」と聞かれるので、持ち帰りを伝えれば持ち帰り用のトレーを貰えます。

宿泊者はチェックアウト後も施設を利用できる

旅行初日は、チェックインして湖畔を散歩して、夕飯を食べて、温泉に入ったらあっという間に1日が終わってしまいます。このままでは、ペットからしたら湖畔をお散歩しただけの旅行になってしまいます。

エンゼルフォレスト那須白河は、2日目のチェックアウト後も施設を利用できるので、2日目はペットとアクティビティを堪能しない手はありません。

●50m走

位置について

よーい ドン

タイム計測が体験できるイヌリンピック公式50m走コース。多頭飼いならどっちのワンちゃんが速いかな?

●ドッグウォーク

ドッグウォーク

森林を堪能できるドッグウォーク。全長200mもあってノーリードで散歩出来ます。

●川遊び

川遊び

湖に流れる川で川遊び。水流が弱いので安心して遊べます。

まとめ

他のペットと泊まれる宿に行ったことはありますが、ここまでペットの事を考えて作られた宿泊施設は初めてでした。

ホテルのペットと泊まれる宿だと、壁一枚挟んだだけでお隣さんがいて、部屋でペットが吠えないか心配だし、単に宿泊できるだけの宿だと、その後ペットを連れて寄れる観光スポットを探すのも一苦労。

エンゼルフォレスト那須白河は、コテージなので多少躾が出来てなくても問題ないし、他の観光施設に行かなくてもそこだけで旅行を完結できます。

まだエンゼルフォレスト那須白河に行ったことのない人は、是非足を運んでみて下さい。きっと満足する旅行になると思います。